前へ
次へ

不動産売却と3000万円の特別控除

不動産売却をした場合で一定の条件に当てはまる時には、所得税の特別控除の制度が利用できます。控除できる不動産売却に関する譲渡所得の上限は3000万円です。この規定は不動産売却をした場合に、譲渡益が生じた場合に適用されます。適用があるのは自宅として使用していた建物や土地に限られます。不動産売却の譲渡価額から取得費と譲渡費用を控除した後の金額から、3000万円の特別控除を控除できます。譲渡所得が3000万円未満の場合には、その金額を限度として控除されます。この制度は不動産売却により長期譲渡所得を得た場合にも、短期譲渡所得を得た場合にも同じように適用されます。こうした特別控除を利用することは、不動産売却をする人にとって大きなメリットがあります。最大で3000万円の控除が受けられるので、支払わなければいけない税金の額を大幅に減らすことができます。自分の住宅を売る時に節税をしたい人は、必ず利用した方が良い制度です。

Page Top