前へ
次へ

相続した建物や土地も不動産売却できます

被相続人が亡くなった場合その相続人が財産を受け取ります。現金だけでなく株や証券、不動産なども相続することもあります。所有することも可能ですが使わなければただ維持費がかかります。使わないのなら不動産売却するのも一つの手です。相続した不動産は相続税がかかります。控除金額内なら不要ですが、相続してすぐに不動産売却したとしても相続税は支払わないといけません。まずは物件のおよその相場を調べることで適切な価格設定にしましょう。あまり自分が希望する価格だけにこだわると購入希望者が現れないかもしれません。重要なこととして不動産売却する不動産会社をどこにするかが肝心です。悪質な会社は「決まった期間に必ず不動産売却できる」と薦めてきますが鵜呑みにしてはいけません。不動産売却は決められた期間に絶対売れるものではないからです。相場に沿った適切な価格を提示してくれる不動産会社なら安心です。不動産売却を成功させるための広告宣伝のやり方やかかる費用もチェックしましょう。もちろん本当に手放してもいいのかを家族とよく相談しましょう。相続人が複数いるとトラブルの可能性も高まります。また、不動産売却で他の税金も必要になりますが、場合によっては少し安くできます。

Page Top